縄文オカリナ「遮光器土偶タイプ」2019年版(指孔付き・ペンダント仕様) [19T001]

縄文オカリナ「遮光器土偶タイプ」2019年版(指孔付き・ペンダント仕様) [19T001]

販売価格: 4,000円(税別)

(税込価格: 4,400円)

在庫数 在庫あり
数量:
人気の縄文オカリナがバージョンアップしました。
以前は縄文土器と同じく突起部分を後付けにしていましたが、衝撃に弱いという欠点がありました。
2019年版からは一体成型に変更したため、多少の衝撃で突起部が取れたりする不安は無くなりました。

吹き方は石笛と同じく土偶の底の孔から息を吹き込みますが、音階調整用の指孔がありますので、石笛初心者の練習用にも最適。
全て手作りなので同じものは二つとありません。
焼きムラがあるのは縄文土器と同じく窯焼きでない証拠で、これぞ縄文スタイル!

*一般に売られている土偶アクセサリーは特殊な粘土で型抜き成形して電気炉で焼成しているようですが、このオカリナは1個づつ手作りですので個体ごとにデザイン、寸法のバラつきがあります。
また野焼き焼成ですので焼きムラがあります。
陶器と違い釉薬はかかっていない素焼きですので、陶器ほどの強度はありません。

個体の説明・・・写真の上段右端
青森県つがる市の「亀ヶ岡遺跡」出土の、あまりにも有名な国宝の土偶。縄文時代晩期の「遮光器土偶」がモデル
眼の部分をマナ乾きの状態で研磨してありますので、他のオカリナより高いです!

実物は、燻し焼きした後にベンガラが赤く塗られていた痕跡がありますが、「海のヒスイ・ロード」検証実験航海をした時に、亀ヶ岡遺跡近くの海岸のにはベンガラで赤く染まってる段丘がありました。

*縄文オカリナは「民族楽器コイズミ」さんや、私が講師の体験会やフリマでも売っているために、ネットにアップする前に売れてしまい、なかなか新作を発表できないのですが、ご注文承ります。
在庫が無くなった場合は、ヒスイ加工の合間に多品種少量生産の手作りをしているために暫くお待ち頂く事がありますので、お気軽にご相談下さい。

音色と基本キー
意外にも鋭い高音から詫びた低音まで広い音域を持つ本格派。
バラつきがありますが、概ね6度のソから7度のレくらいの半オクターブの音域があります。
簡単な曲なら演奏できますし、ジ〜という倍音も綺麗です。

本体材料;野焼き陶土

商品詳細

寸法;縦×幅×厚み(mm) 50×50×24mm前後(若干のバラつきがあります)
材質; 素焼き土器

Facebookコメント