極上ヒスイ超小型勾玉(ペンダントトップ) [21m006]

極上ヒスイ超小型勾玉(ペンダントトップ) [21m006]

販売価格はお問い合わせください。

現在では希少になったロウカンヒスイ系の超小型勾玉ペンダントトップです。
本来のロウカン(琅玕)とは、青竹のような緑一色の半透明の最上級ヒスイのことです。
色の濃淡や不純物の有無も含めて、私は半透明のヒスイをロウカン質系と広範囲に分類していますが、風景として得難い個性と感じます。
5円玉に3個が乗るサイズ!
オリジナル開発したシルバー製のチャーム金具付きですので、チェーンや革紐、麻紐などお客様のお好みでカスタマイズして頂けますし、ブレスレット仕様へのオプション対応もしております。
*ヒスイ職人といえども入手困難な希少なヒスイ原石を使用していますので時価となりますので、そのつどお問合せください。

何時でもどこでもお守りとして勾玉を身に付けていたいとうお客様のご要望で誕生したのが超小型勾玉ですので、寝る時も外すことを忘れたと言われるくらい邪魔になりません。

追加オプションか下記の通りです。
(1)サージカルステンレス製線径1mmのチェーン仕立て(有料)
お好みの長さにしててます。
留め具はカニ環、マグネットクラスプを選べますので、詳細はお問合せ下さい。

(2)丸革紐仕立て(有料)
しっかりしたヨーロッパ製の直径2mmの牛革を選択してお好みの長さにしますが、留め具を使わず自在結びにする方法と、マグネットクラスプを選択できますので、詳細はお問い合わせください。

(3)蝋引きコットン紐仕上げ(無料)
幅2mmのチョコレートブラウン色の蝋引き紐ですが、縄文っぽい雰囲気が人気です。

(4)ブレスレット仕様(有料)
しっかりしたヨーロッパ製の直径2mmと3mmの牛革を選択してお好みの長さにしますが、留め具を使わず自在結びにする方法と、マグネットクラスプを選択できますので、詳細はお問い合わせください。


糸魚川ヒスイには緑・紫・黒・白の青の五色あり、強く発色したヒスイは稀少なのですが、超小型勾玉は普通の勾玉の半分以下しか原石を使いませんので、比較的お値打ちでヒスイ勾玉をお守りにできるというメリットもあります。
だからといって小さいから作るのが楽なのか?という訳ではありません。
通常サイズの勾玉と同じ手間暇をかけ、直径2mm少しの紐孔の内部まで研磨してありますので、かえって作るのが難しいのです。

多くの職人さんはヒスイの質を自慢しますが、私はヒスイの質を褒められるより、「生きてるみたい!」とか「ジェリービーンズみたいに口の中に入れてしまいたくなるほど美味そう!」「手に持つと馴染んでずっと持っていたくなる!」と勾玉の出来具合を褒められるほうが嬉しいです。
一勾玉入魂の気概で作りました。
ルーペで拡大して観察すると、その拘りがご理解頂けると思います。
量産された勾玉にはない、微妙な曲線や手触りをお楽しみください。


*ご予算に応じてヒスイ原石を選びます・・・(オーダーは15,000円〜)

勾玉について
勾玉の形状については、胎児説や三日月説、牙玉説などがありますが、原初の形は糸魚川市の長者ケ原遺跡から出土する玦状耳飾りの割れた半分をリメークした三日月形のペンダントであったようです。
やがて縄文前期(六千〜五千年前)の長者ケ原遺跡で胎児のような牙状勾玉が作られ、晩期(三千〜二千五百年前)には青森県で胎児そっくりな勾玉が多く作られていくようになりました。
やがて時代と共に勾玉はスマートになっていく傾向があり、弥生時代以降に我々が見慣れた定形勾玉となっていきます。


石質;堅牢緻密
色合い;透明感ある青緑に、濃い緑の縞模様が浮かぶ
透光性;非常によい
チャーム金具;シルバー製八の字環(オリジナル金具)・ステンレス製ワイヤー
留め具;なし
チェーン;なし(有料オプション有り)
紐;長さ調整ができる蝋引きコットン紐サービス(有料オプション有り)

商品詳細

寸法;縦×幅×厚み(mm) 13×9×5mm
材質; 糸魚川産ヒスイ

Facebookコメント