石なのに柔らかく、温かい。眼と掌に馴染んで何時までも観て、持っていたくなるモノを目指します!

新着情報はこちら!

縄文人(見習い)の糸魚川発!

お客様は来訪神・・・超小型勾玉改良

超小型勾玉を吊るす金具に既製品のバチカンを使わないのは、衝撃で外れる恐れがある事と、丹精込めて作った勾玉のデザインを壊すらで、これまではステンレスを8の字に加工して吊り具を作っていた。


耐食性と耐アレルギー性に優れたステンレスワイヤーを「8の字巻き」にするのは難しい技術。しかし素っ気ない印象、つまりカジュアルに寄り過ぎるのが問題で、会う人ごとにいいアイデアを求め、ネット検索でパーツを探してた。


そして伊勢のジュエリーデザイナーの美穂嬢から、針金を潰して作る眼鏡巻きのアイデアを教えてもらい、工房に2日間籠って試作に没頭。

素材、寸法、デザインの組合せを模索し、ワイヤー巻きの精度を売り物になるまで何度も繰り返す。


上段3個はステンレス、中段2個はアルミ、下段6個は真鍮を叩き潰した帯を8の字状に曲げ、ステンレス線で巻いたもの。


最も苦労したオールステンレス製は、指から血を流しながらも加工のコツを掴んだ。

シャンパンゴールドカラーのアルミ製も耐食性と耐アレルギー性も合格の素材で、加工も楽ちん。

耐アレルギー性は△ながら、真鍮製は可愛らしい印象。ステンレス製、アルミ製、真鍮製のどれもが硬いステンレスワイヤーで巻いてあり、キッチリ隙間なく巻いて最初と最後の処理の精度が売り物になるかどうかの瀬戸際。


帯を作った時にできる槌目を残すとアフリカの手作り民具のようなワイルドな印象になった。

槌目を消すとお上品な印象になるので、今後は作品毎、お客さんの要望に合わせて作り分けたい。

美穂嬢から思いがけないお土産を頂いた。

音楽家、作家、映画監督、画家、宗教関係者、面白いお客さんなど、各地から訪ねてきてくれるのは縄文テーマのヒスイ加工をしているお陰。

様々な世界の話しを聞けたりするし、時には技術のアイデアまで教えてもらえたりもする。

他者との交わりはブレークスルーになるのだ。

お客さんは福の神、来訪神ですなぁ・・・。



#ぬなかわヒスイ工房 #来訪神 #糸魚川ヒスイ #超小型勾玉